神戸新聞杯で馬券をとるために知っておきたい攻略のポイントをまとめました。

今週は先週のセントライト記念に引き続いて菊花賞トライアルの神戸新聞杯。例年はこのレースに春のG1馬が集まる傾向があったんですが今年は分散しました。神戸新聞杯にはダービー馬のワンアンドオンリーにきさらぎ賞勝ち馬のトーセンスターダム、青葉賞勝ち馬のハギノハイブリッドが重賞勝ち馬として登録してきました。この実力馬の分散がレース結果にどう影響するか興味深いところです。

そんな神戸新聞杯の傾向を過去のレース結果からまとめてみましたので、馬券の参考にどうぞ。


神戸新聞杯は堅いレース


神戸新聞杯は1番人気が強い堅いレース

神戸新聞杯は阪神競馬場改修後に2400mとなってからは堅いレースがとても多くなっています。過去5年の結果を見ても1番人気は3勝2着1回。2番人気も1勝2着1回3着2回とかなり安定しています。広くて終いの決め手が重要になるコースですから、ダービーみたいな舞台で結果を残した実績馬が素直に実力を発揮しやすいのでこういう結果になっているんじゃないかと思います。

そういう意味でもワンアンドオンリーは盤石なんじゃないかな。少なくとも適性の面で不安はないと思いますよ。

 

神戸新聞杯は差し馬に注目したい


神戸新聞杯の傾向としては差し馬が優勢
理由は先にも書いちゃったんですけど、改修して外回りの2400mになったことで広く、直線が長くなったのでG1で求められやすい決め手勝負の舞台になったから。

開幕2週目でまだ芝は良い状態ですけど、菊花賞を控えてることもあってどの馬も折り合いをつけるレースがしたいのもあって、消耗戦にはなりにくいんです。だから折り合って終いの決め手勝負になりやすいというわけ。そうなればダービーで結果を出した馬は力を発揮しやすいんですね。だから人気馬を避けちゃダメなんですね。

逆に言うと、決め手が求められるレースで逃げ・先行馬が上位に来たら菊花賞で注目すべき馬になるんですね。逆の適性でも好走したわけですから。まあそれは結果が出てからの話ですけどね。

 

神戸新聞杯は1000万を勝っていれば通用する


神戸新聞杯で上位人気になるには重賞での実績が必要になることが多くなっていました。一方で、重賞実績がないのに上位にきた馬も何頭かいるんですが、そういう馬に共通するのが1000万クラスで好走していること。

夏になって古馬混合戦になって1000万で通用する力があれば神戸新聞杯でも好走できる要素となりうるんですね。例年なら。

今年は例年よりもレベル的には若干下がってくるんじゃないかと思うのでいつもよりも門戸は広いんじゃないかなーと思ってます。今年の登録メンバーで1000万クラスで好走してるのはサトノアラジン(九州スポーツ杯1着)とトーホウジャッカル(玄海特別2着)、ヴォルシェーブ(芦ノ湖特別1着)ですね。サトノアラジンは阪神2400mの経験もあるので良さそうだなあ。

 

意外とディープインパクト産駒の成績が良くない阪神2400m


神戸新聞杯ではサトノノブレス、ロードアクレイム、マウントシャスタ、フレールジャックとディープインパクト産駒は勝ちこそないですが、それなりに好走しているイメージがあるんですが、阪神2400m全体の傾向ではディープインパクト産駒の成績がよくありません

阪神2400mはディープインパクト産駒の成績が悪い

それに対して、ステイゴールドやマンハッタンカフェ、ダンスインザダークなどのどちらかと言えば切れ負けしがちなタイプの方が全体の成績としてはいい傾向が出ています。

これはどうとるか考えものですね。少なくとも神戸新聞杯に限ればディープインパクト産駒は一定の成績を残しているわけです。一方で全体としてはディープインパクト産駒の成績が良くないのも事実。個人的にはディープインパクト産駒も狙えると思うんですけどね。

 

ここの本命はワンアンドオンリーでいいと思います。次の狙いはサトノアラジンかなあ。ディープインパクト産駒だけど気にしません。でもそれなりに人気しそうなんですよね。配当的な魅力は少ないかも。

競馬新聞を買うのは高くてもったいないけど、ネットの馬柱ではデータ不足だと感じませんか。
KLAN.jpは無料なのに競馬新聞並のデータ量の馬柱が使えます。しかも自分好みにカスタマイズまでできるんです。


無骨だけどシンプルデザインで見やすいので僕も毎週お世話になっています。

登録はこちら→無料の競馬予想データベース【KLAN.jp】


自在脚質〜馬券になる脚質と枠番馬番がわかる無料データブログ〜の購読(無料)はRSS購読がオススメです



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

Trackback URL

管理者の承認後に表示します。無関係な内容や、リンクだけで意見や感想のないものは承認しません。