2014年の菊花賞を攻略するために知っておきたい有利な脚質と血統

秋華賞はショウナンパンドラ。浜中騎手がうまく乗ったレースという印象でした。負けて強しはヌーヴォレコルト。エリザベス女王杯に行くなら中心と考えていいと思います。まあ、今年は古馬もけっこう骨っぽい感じはしますけどね。

さて、今週は牡馬三冠最終戦の菊花賞。皐月賞馬イスラボニータは予想通り天皇賞(秋)に回って、G1馬はダービー馬のワンアンドオンリーだけになりました。菊花賞が微妙なメンバーになるのはもう毎年のこと。むしろそうなることで結構ヒモ荒れも期待できるんで馬券的にはなかなかおもしろいでしょう。

そんな菊花賞の傾向を過去のレースからまとめてみましたのでどうぞ。


菊花賞で勝ち切るための脚質とは


菊花賞・天皇賞(春)に共通する勝つための脚質・位置取りというのがあります。それは直線入り口(4コーナー)で先頭を射程に入れておくこと

菊花賞は4コーナーで先頭集団に取り付くのが勝利のためには必須

菊花賞や天皇賞(春)のような長距離G1を勝つためには、この距離をこなすためのスタミナがまず必要不可欠。最近は直線に入る前にスタミナ切れを起こしてズルズル後退しちゃう馬も多いですから、勝ち負けするにはこれくらいの余力がないとダメってことでしょう。

今回の人気の中心はおそらくワンアンドオンリーとトゥザワールド。ワンアンドオンリーは後ろから行くタイプの馬ですけど、神戸新聞杯はマクリ気味のレースで勝ち切っているので対応は出来そう。トゥザワールドは決め手に欠けるものの、自在性はあるのでこちらも対応は出来ると思います。

ただ、この傾向はあくまでも「勝つ」ということで、2、3着馬は先行してないとダメってことはありません。結構ジッと脚をためて直線にかける馬も好走しています。ただ届かないですけど。

 

菊花賞と相性の良い血統3つ


次に菊花賞と相性のいい血統を見てみましょう。

まずはブライアンズタイムの血が入った馬。ここ5年で3頭が連対してます(12年スカイディグニティ、10年ビートブラック、09年スリーロールス)。

ブライアンズタイム全盛期はマヤノトップガンとかナリタブライアンとかも勝ってて、相性がいい血です。
同じロベルト系のシンボリクリスエスとかグラスワンダーはそれほどピンとこないけど、ブライアンズタイムはばっちり相性がいい感じがします。

今回、父とか母父にブライアンズタイムの血を持つ馬はいないんですけど、孫の世代でハギノハイブリッドがいます。

次に相性が良いのはダンスインザダークの血
まあこれは自身が菊花賞勝ってますし、周知の事実でしょう。今年はアグリッパーバイオとサングラスが母父ダンスインザダークです。

最後はトニービンの血を持つ馬これだけちょっと広いんですけど。
ここ最近では、去年のサトノノブレス(母父トニービン)とか、09年のフォゲッタブル(母父トニービン)。
あと、ハーツクライの母父はトニービンなんですけど、ハーツクライ産駒もウインバリアシオンが連対。ビートブラックも父ミスキャストの母父がトニービン。過去にはトニービン産駒のジャングルポケットを父に持つオウケンブルースリが勝ってたりしますし、長いこと相性が良い傾向が出ています。

今年はワンアンドオンリーがハーツクライ産駒。ハギノハイブリッドは母父がトニービンです。

このあたりの血統には注目したいと思ってます。

 

2014年菊花賞の注目馬


そんなわけでいろいろと書きましたが、2014年の菊花賞の中心はベタながらワンアンドオンリーだと思います。
前走も際どい勝負ながら勝ち切るあたりがこの馬の強さなのかなと。逆にトゥザワールドは勝ち切るワンパンチが足りないんですよね。

人気馬はともかく、人気薄っぽいところでの注目はこれまでも書いてきたんですが、ハギノハイブリッド。
後ろからの脚質がマイナスの印象ですけど、2,3着を争うなら気にすることはないと思います。

あんまり人気にならないといいなー。

 

競馬新聞を買うのは高くてもったいないけど、ネットの馬柱ではデータ不足だと感じませんか。
KLAN.jpは無料なのに競馬新聞並のデータ量の馬柱が使えます。しかも自分好みにカスタマイズまでできるんです。


無骨だけどシンプルデザインで見やすいので僕も毎週お世話になっています。

登録はこちら→無料の競馬予想データベース【KLAN.jp】


自在脚質〜馬券になる脚質と枠番馬番がわかる無料データブログ〜の購読(無料)はRSS購読がオススメです



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

Trackback URL

管理者の承認後に表示します。無関係な内容や、リンクだけで意見や感想のないものは承認しません。