2014年のスワンステークス攻略のために知っておくべきポイントと注目馬

今週の土曜日は京都競馬場でマイルCSに向けての前哨戦、スワンステークスが行われます。
スワンステークスのココ5年での1番人気の成績は2011年にリディルが勝った1勝のみ。芝の1400mという微妙な距離が荒れたレースを生むんですね。と、いうわけで個人的に好きなレース。ただ全く当たりませんけど。

それでも何もしないで外すのもアレなんで、過去のスワンステークスの傾向を見ながら2014年の対策も考えてみたいと思います。


スワンステークスは逃げ馬の好走が多い


スワンステークスは逃げ馬の好走が多い。

スワンステークスの過去の結果をボケーと眺めていてまず気がつくのが逃げ馬の成績の良さ。ここ5年で3着以内が4回もあります!勝利したのは去年のコパノリチャードだけなんですが。

今年は3歳馬の2頭、ミッキーアイルとベルカントが主導権争いになりそうな感じでしょうか。ベルカントはここ2戦はハナを奪いに行ってないのでミッキーアイルかな。人気にもなるでしょうし、マークはされそうですけど、データ的には後押ししてます。馬券的には外しにくい一頭だなあ。

 

1400mは切れる馬より持続タイプを狙う


1400mって距離は1200mほど速くないけど、1600mほど落ち着かないというイメージのビミョーな距離。
個人的には1200mのイメージに近いと思ってます。と、いうのも1600mほどディープインパクト産駒みたいな決め手のあるタイプの好走が少なくて、持続的に脚を使えるようなタイプの馬が走ることが多いから。

過去のスワンステークスでもダンスインザダーク産駒のマルカフェニックスとマンハッタンカフェ産駒のジョーカプチーノが2年連続で好走していますが、ダンスもマンカフェもイマイチ切れ味勝負だと分が悪いというか、向かない馬が多いですよね。そういう決め手がイマイチなタイプがスワンステークスは強みに変わるんです。

今年はマンハッタンカフェ産駒のガルボがいますね。7歳のベテランですが普通に買えるんじゃないかなーとおもったりしてます。

あと、スワンステークスは外枠が有利な感じ。真ん中から外にかけてが内枠より好成績を残してるので、頭の片隅に入れておきましょう。

 

2014年のスワンステークスで個人的に注目してる馬


ミッキーアイルとガルボには注目してるんですが、それ以外ではベルカントに興味があります。

ベルカントはここ2戦は逃げてませんが、古馬の骨っぽい相手に対してもソコソコ好走しています。1400mはフィリーズレビューで勝ってますし、ギリギリこなせる距離だと見ています。

他には決め手不足も、ここでは強みに変わりそうなオリービンなんかも面白いかも。

競馬新聞を買うのは高くてもったいないけど、ネットの馬柱ではデータ不足だと感じませんか。
KLAN.jpは無料なのに競馬新聞並のデータ量の馬柱が使えます。しかも自分好みにカスタマイズまでできるんです。


無骨だけどシンプルデザインで見やすいので僕も毎週お世話になっています。

登録はこちら→無料の競馬予想データベース【KLAN.jp】


自在脚質〜馬券になる脚質と枠番馬番がわかる無料データブログ〜の購読(無料)はRSS購読がオススメです



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

Trackback URL

管理者の承認後に表示します。無関係な内容や、リンクだけで意見や感想のないものは承認しません。