金満血統王国年鑑for2015のドル箱重賞に根岸ステークスがあったのでそこから狙い馬をピックアップしてみる

いやーゴールドシップは簡単に負けちゃいましたね。得意の中山で有馬記念もあれだけ走ってもコロッと負けるんですから面白いもんです。
んで、きっとまたポコッと大きなレースを勝っちゃうんでしょうねー。力落ちしてる感じは無いような気がするし、気分屋なんだろうと思います。

ところでゴールドシップは今年の秋は凱旋門賞行くんでしょうかね?
今回のAJCCでドスローになって惨敗したみたいにゴールドシップはスローの競馬が合わないと思うんで、ドスロー必至の凱旋門賞は厳しいんだろうなー。もうそうなると狙いは夏と冬のグランプリだけになっちゃいそう。うーん、それじゃ面白みが無いなー。天皇賞・春とかJCで馬場が荒れたらもしかしてもしかするかも。。

と、まあゴールドシップの話題はここまで。

今週の競馬に目を向けると、日曜日に東京で根岸ステークスが行われます。
この根岸ステークスの攻略法が1/21に記事にした「金満血統王国年鑑for2015」に当てるのが簡単な【ドル箱重賞】としてまとめられてます。

今回は「金満血統王国年鑑for2015」にまとめられている根岸ステークスの狙い方から該当する馬を探してみようと思います。


ハッキリした傾向が出やすい根岸ステークス


  • 鮮やかな差しが決まりやすいレース。過去10年で4角5番手以内の馬は2勝。同6番手以降の馬が8勝
  • サンデーサイレンス系で、芝並みの速い上がりを使える馬を狙うのが基本。ミスタープロスペクターを持っていればなおよし。
  • 関西馬が断然。過去5年で馬券になった15頭中、14頭が関西馬。
  • 1,2番人気が過去10年で見ても【3 3 0 16】と不振で、8番人気以下の人気薄が【2 2 4 7】とよく馬券になっている。
  • フェブラリーステークスへ向かう叩き台として使って来る馬を信用しないこと。
  • 前走兵庫ゴールドTで好走して人気になっている馬は危険。地方の遅いダートとはまるで適性が違う。
  • 岩田康誠騎手は【2 0 2 0】。4回騎乗してすべて馬券圏内。
  • 5歳馬が複勝率4割近い。ただし、7歳以上の高齢馬も問題なく買える。

金満血統王国年鑑for2015より


項目が結構あるんですけど、これに当てはめていけば狙い馬が絞れます。

確かに読んでいて、ウンウン。と思う部分が多いんですよね。差し馬が多いとか。ゴールスキーとかメイショウマシュウって差して勝ってますよね。あとシルクフォーチュンとか。
それにこの3頭は全てサンデーサイレンス系だし。(ゴールスキー→ネオユニヴァース産駒、メイショウマシュウ→アドマイヤマックス産駒、シルクフォーチュン→ゴールドアリュール産駒)

うーむ。今年は実に46頭が登録してきてますが、これだけ条件があれば結構絞れそうだぞー。

2015年の根岸ステークスの注目馬


46頭ものエントリーの中から、個人的に注目したいなーと思うのはナガラオリオン

父がアドマイヤマックス(メイショウマシュウと同じ!)で母父トワイニング(ミスタープロスペクター系!)で血統構成は完璧。
厩舎は栗東の大根田厩舎だから関西馬!かなり要件を満たした馬だと言えます。

実はもう一頭気になる馬がいて、それがサトノタイガー
この馬はカペラステークスで注目してて、馬券も買ってたんですけど本命がコケてしまい馬券は獲れず。最大の狙い目なのはカペラステークスだったと思うんですけど、決め脚もあるし、父キングカメハメハ、母父サンデーサイレンスは相性のいい血統構成と入れ替わった形。オッズ次第では狙ってもいいのかなと思っています。

金満血統王国の王様(田端到さん)も自信のレースとして推している根岸ステークス。これで当たったら嬉しいなー。
ちなみにこの他にも近いところだときさらぎ賞とか春の中山牝馬S、桜花賞なんかがドル箱重賞としてまとめられてます。

読み物としても単純に面白い一冊なのでおすすめですよー。


金満血統王国年鑑 for 2015 (サラブレBOOK)

競馬新聞を買うのは高くてもったいないけど、ネットの馬柱ではデータ不足だと感じませんか。
KLAN.jpは無料なのに競馬新聞並のデータ量の馬柱が使えます。しかも自分好みにカスタマイズまでできるんです。


無骨だけどシンプルデザインで見やすいので僕も毎週お世話になっています。

登録はこちら→無料の競馬予想データベース【KLAN.jp】


自在脚質〜馬券になる脚質と枠番馬番がわかる無料データブログ〜の購読(無料)はRSS購読がオススメです



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

Trackback URL

管理者の承認後に表示します。無関係な内容や、リンクだけで意見や感想のないものは承認しません。