シンザン記念で馬券を当てるためにしっておきたい傾向と2015年の注目馬

遅ればせながらあけましておめでとうございます。

有馬記念はエピファネイアの次にサクッと切ったジェンティルドンナにやられ、中山・京都の金杯もタテ目で撃沈。いつもどおりJRAに投資しまくった年末年始を過ごしました。
今年もみなさんの養分として頑張ります!

2015年の開催2週目となる今週は土・日・月の3日間開催。重賞はシンザン記念とフェアリーステークスの3歳マイル重賞が行われます。
今回はシンザン記念の傾向と考察をしていきます。

続きを読む

有馬記念に負けないくらい阪神カップも傾向が出やすいレースだよね、という話

今週末行われる有馬記念はかなり傾向の出やすいコースと紹介しました(参考記事:2014年の有馬記念攻略のポイントと個人的な注目馬をまとめました
土曜に行われる阪神カップも実は有馬記念に負けず劣らずのスペシャリスト特化コース。ボクはこういう特定の条件がやたら走るレースの予想が好きなので、阪神カップも大いに楽しみです。

阪神カップの傾向を簡単にまとめましたのでどうぞ。

続きを読む

2014年の有馬記念攻略のポイントと個人的な注目馬をまとめました

いやー、今年もいよいよ有馬記念ですね。今週一週間はなんだかソワソワします。JRAに投資しまくっているボクですが何気に有馬記念だけはソコソコ相性がいいんでその意味でも楽しみ。
それにしても今年はメンバーが揃いましたね。ハープスターにイスラボニータ、スピルバーグがいないのは少し残念ですがそれでも凄いメンバー。適性云々を抜きにして出走してきてくれた馬がいるので見応えがありそう!そして馬券的にも面白くなりそうです。

2014年を気持ちよく終えるためにも有馬記念の傾向をおさらいしましょう。

続きを読む

愛知杯で好走するために必要な適性を考えてみた

今週は中京で牝馬限定のハンデ重賞、愛知杯が行われます。
中京2000mの舞台は直線は長いけど、コーナー4つで坂もあるというコースで結構独特の傾向が出やすいコース。牝馬のハンデ重賞なんで、一筋縄ではいかないでしょうけど、傾向をおさえておきましょう。

続きを読む

初めての阪神競馬場での朝日杯フューチュリティステークスで知っておきたい馬券攻略のポイント

阪神ジュベナイルフィリーズはショウナンアデラ。目の覚めるような差し脚でしたね。まさにディープインパクトが飛んだと称されたときのような差し脚でした。この馬は先々も楽しみですね。

さて、今週は同じ阪神のマイルで朝日杯フューチュリティステークスが行われます。中山のマイルも独特の傾向が出て面白いレースでしたが、今年から阪神マイルに舞台がかわりました。これでクラシックにもつながるレースになるかもしれませんね。今年は阪神に舞台を移して初めてなのでデータがありません。そこで、阪神マイルコースの2歳戦データを集めて参考になりそうな傾向を洗い出してみました。

続きを読む

ダートのセオリーからちょっとズレることもあるカペラステークスの傾向をまとめたよ

今週はボクが大好きなダートの短距離で重賞が行われます。中山ダート1200mのカペラステークス。好きこそものの上手なれといいますが、全く上手にならないのはなんででしょう。まだまだ徳が積み足りないんでしょうか。平場とはまた違った難しさと面白さがあるカペラステークスを過去の結果から紐解いてみたいと思います。

続きを読む

戦績が少ない阪神ジュベナイルフィリーズでの好走馬を見分けるためのポイントをまとめました

ついにホッコータルマエやりました。あの幸騎手のどうしたんだという馬上での暴れっぷりから1年。今年はスマートに騎乗して勝ちましたね。
今年はチャンピオンズカップになって初めてということで、戦前は総合力の高い馬に目をつけていて、ローマンレジェンド本命の対抗ホッコータルマエ。三番手にナムラビクターと予想してたんですが、自分が想像してたのよりローマンレジェンドもホッコータルマエもオッズが下がらず。どちらかは10倍くらいつくと見てたんですが…。結局ケンしたのがアダとなりました…。馬券って買わないとホント当たりますよね。。

さて今週は2歳女王を決める阪神ジュベナイルフィリーズが行われます。
過去の2歳女王決定戦はクラシックと直結しにくいレースでしたが、ここ最近はクラシックにもつながるレースになっていて、今後を占う意味でも重要な一戦です。

2歳戦は戦歴が少なくて予想が難しいところはありますが、過去のレース結果を参考に傾向や狙いどころを洗い出してみました。参考にどうぞ。
続きを読む

2014年初めて行われるチャンピオンズカップで注目しておくべきポイントとは

いやー、東京の2400mでシンボリクリスエスですか。全く予想だにしていない結果でした。そこそこ流れる展開に内側が有利な馬場。エピファネイアに向いた展開になったのはあるにせよ、あれだけの圧勝劇を見せられるとは。素直に完敗です。

さて今週はジャパンカップダートに変わって新設されたダートG1のチャンピオンズカップです。フェブラリーSでコパノリッキーがダート王に名乗りを挙げてから、これまでの古馬ダート路線の構図が一気に塗り替わった感じで、それまで上位だったホッコータルマエとかニホンピロアワーズはピークを過ぎたようなイメージになっちゃって、予想が難しくなりました。

今回、初の舞台でのG1ってこともあって、予想は混沌としています。

チャンピオンズカップは初めての開催となるので、中京ダート1800mの傾向などから、有力になりそうな馬を洗い出してみたいと思います。

続きを読む

過去のレース結果から2014年の京阪杯で重要になる傾向を暴いてみる

今週はジャパンカップの裏で京阪杯が行われます。すっかり見逃してました。何気に京阪杯は荒れる傾向があるレース。1200mに変わってから8回行われてますが、1番人気で勝ったのはサンアディユとロードカナロアだけ。去年も7番人気のアースソニックが勝ってます。穴党には魅力的なレースだと思うので、傾向をしっかりおさえておきましょう。

続きを読む

2014年のジャパンカップで中心になる馬を過去の傾向から考えてみる

ミッキーアイルがダメでもダノンシャークなら野田夫妻は潤う結果になりました。なんか、ダノンシャークが勝ったのはマイル路線の混沌具合を表してる気がするなー。なんとなーくイメージ的にG1善戦マンでG3大将って感じでしたから。2着も重賞未勝利馬だし実際混沌としてるんでしょうけど。

さて今週は古馬G1の中でも最高峰といえるジャパンカップ。ここでも重賞未勝利馬が…となるとサトノシュレン。シュレンと言えば北斗の拳でラオウに挑んだ南斗五車星の炎の戦士。一撃でやられましたけど、ラオウにもその気合は讃えられた男。ジャパンカップでその根性を見せるんでしょうか…。いや、ないな…。
というわけで、重賞未勝利馬の活躍はかなり厳しいと思われるジャパンカップ。過去のレース結果から勝ちに近い馬をあぶりだしてみます。どうぞおつきあい下さい。

続きを読む