データで見る大阪杯とメイショウマンボの可能性

データで見る大阪杯とメイショウマンボの可能性

コパさんスゴイっすねー。
今どき社台じゃない牧場産の馬でしかも個人馬主がG1を連勝するなんてよほどの強運じゃないと無理。

思わず風水始めたくなりますね。

 

さて、今週は大阪杯。キズナvsエピファネイアvsメイショウマンボ。
現4歳世代のトップホースが揃い踏み。毎年G1並のメンバーになりますが、今年もまた面白そうな感じです。

過去の大阪杯のデータを見ながら傾向をまとめてみましたのでどうぞ。

続きを読む

高松宮記念の過去のデータから見る狙い馬の特徴とは

今週は高松宮記念。ロードカナロアがいなくなって主役不在ですが、いきのいい牝馬やら実績馬やらなかなか面白いメンバーになりました。

ハクサンムーンにレディオブオペラ、ストレイトガール、コパノリチャードにスマートオリオンと前に行って競馬をするタイプの馬がズラリ。
ハクサンムーンとコパノリチャードあたりは前に行ってこそのタイプという感じがしますし、ハイペース必至でしょうね。

 

人気も割れそうで難しい予感がしますが、高松宮記念の傾向をまとめてみましたので馬券の参考になれば。

続きを読む

過去2年の中日新聞杯と中京2000mのデータから見えてきたコース適正とは

今週から中京が始まるんですね。ローカルの番組がいろいろ変わるんでついていけなくなってきました。見事なオッサン化です。

開幕週の中京では実にローカルらしいメンバーが登録している中日新聞杯が行われます。
3月の中日新聞杯になったのは2012年から。今回が3回目になります。

まだまだデータ不足な感じはありますが、過去の中京新聞杯のデータと中京競馬場の2000mのデータからポイントとなりそうなものをまとめました。

続きを読む

意外にタレント豊富なフィリーズレビューを過去のデータから切ってみたら2つのポイントが見つかった

チューリップ賞の内容から桜花賞はもう当確なんじゃないか…感のある牝馬クラシック路線。
3歳牝馬の凱旋門賞挑戦もブチ上げられて、今は秋華賞馬がどの馬になるのかが目下の関心ごとです。

こんにちは。あかつきです。

 

今週は秋華賞に向けての賞金積立がかかるフィリーズレビュー。
ココ5年は2012年に1番人気でアイムユアーズが勝った以外は全部一番人気以外の馬が勝っているやや荒れ気味なレースです。

3歳牝馬限定戦+1400mなんて、見るからに1番人気が不安定そうな条件ですもんね。

 

過去5年のフィリーズレビューのデータから、傾向をまとめましたのでどうぞ。

続きを読む

荒れる中山牝馬ステークスで覚えておきたい攻略の2つのポイント

先週の弥生賞はなかなか見どころのあるレースでしたね。しのぎきったトゥザワールドも見事ながらワンアンドオンリーもラジオNIKKEI賞がフロックじゃないことを証明しました。ワンアンドオンリーがあそこまで走るとは…。

 

さて、今週は同じ中山の舞台で中山牝馬ステークスが行われます。
ここ5年で1番人気はゼロ勝と穴党向けなレースになってます。

穴党向けってことは難解なレースでもありますが、傾向をまとめましたので参考にどうぞ。

続きを読む

過去のデータからわかった弥生賞で重要になる適正と脚質とは

こんにちは。あかつきです。
毎週毎週ダートの短距離戦ばかりを追っているので、牡牝のクラシック主役候補が全然わかりません。重賞記事書きついでに勉強しています。

 

今週は弥生賞。かつては堅い堅い重賞としておなじみでしたが、ここ2年は1番人気が飛んでます。
思えば去年はキズナとエピファネイアが揃って飛んだんですね。思い返してみるとビックリ。カミノタサハラ最強説が勝手に自分の中で盛り上がってきましたw早く復活して欲しいです。

今年は例年になく良いメンバーが集まった感のある弥生賞。
過去のデータから傾向をまとめてみました。

続きを読む

過去のチューリップ賞から見る好相性のタイプと穴馬の狙い

6月からWIN5の配当が最高6億円になるそうですね。
単勝を100円にするか200円にするかで10分は悩めるボクにはあまり関係がなさそうな話ですw

 

今週は阪神競馬場で桜花賞トライアルのチューリップ賞。ハープスターが出てきますね。

正直ハープスター買っときゃ間違いないだろ!と思ってましたが、ヒモ荒れなら期待出来るかも。

続きを読む

過去のデータから見るオーシャンステークスのポイントは枠と脚質

コパノリチャード強かったですねー。スイスイと逃げられれば強いみたいですね。
「調教師のコメントから1200mでも大丈夫」とありましたから、高松宮記念に向かうのかな?そうなるとハクサンムーンいるけど逃げられるのかな?

そんなわけで盛り上がりつつある短距離路線であのロードカナロアを負かしたハクサンムーンがオーシャンステークスに登場です。

 

実績・能力どちらも抜けた1頭かなとは思いますが、本番前だけに何が起こるかわからないですからね。
オーシャンステークスの傾向とハクサンムーンがイケるかどうかをまとめてみました。

続きを読む

アーリントンカップのデータ的な有利・不利と今年の展望

先週の小倉大賞典は珍しくバシッと当たりました。ラストインパクトが道中でガーッと行ったときはどうなるかと思いましたが…。
川田は思い切りがいいところが魅力ですね。切れない馬をよく乗りこなしたんじゃないでしょうか。

 

今週の土曜は開幕週の阪神でアーリントンカップ。
ミッキーアイルが出てきますねえ。ヒモ探しになりそうな気がします。

 

アーリントンカップは大荒れはありませんが、ヒモ荒れ程度は期待できるレースです。
穴馬のポイントを含めて過去のデータからアーリントンカップの傾向をまとめました。

続きを読む

過去のデータが示す、阪急杯で馬券を当てるための3つのポイントとは

日本は短距離のレベルが低い!と叫ばれる中、突如降臨した電撃のスプリント王ロードカナロア。
今でも「まさかキンカメから世界に通用するスプリンターが出るとは…」と驚いてます。

今年から社台スタリオンステーションで種牡馬になるみたいですね。
一度見に行きたいな。近いし。

 

さて、今週はロードカナロアも勝った阪急杯です。

ロードカナロアのいた昨年に比べると少々小粒なメンバーになっている感がありますが、馬券的にはそちらのほうが面白いですね。難解ですけど。

 

一応阪急杯のヒントになるかもしれない過去の傾向をまとめました。

続きを読む