新中京1200mの傾向分析-CBC賞展望

Tokyo Race Course
Tokyo Race Course / kanegen


今年3月に新装オープンした中京競馬場で、名物重賞CBC賞が行われます。

改装後間もないため、まだ傾向の掴めない上に登録メンバーを見てもかなり混戦ムードが漂うレースですね。
難しいレースには波乱もつきものですから、少ないレース結果から、傾向を見出してみたいと思います。

中京芝1200mに見られる3つの傾向


3月に行われた1回中京の芝1200mコースはこのような傾向が見られました。

  1. 時計がかかる
  2. 最後の1ハロンは粘りが求められる
  3. 差しも結構届く

1.時計がかかる
コース改修前は1分7秒台の決着も多かった高松宮記念がコース改修後の今年は1分10秒台になったのをはじめとしてかなり時計がかかっていました。
雨が降っていた影響もあったにせよ、良馬場のGIで1分10秒台なんですから、時計がかかる馬場と考えるのがごく自然でしょうねえ。

2.最後の1ハロンは粘りが求められる
まずはこちらのリンクから中京コースの起伏を確認してください。

改修後の新コースではスタートして直線の半ばまでなだらかな下りになります。そして直線では西日本の競馬場で最大の勾配となる坂を上り切った後もなお200m直線が残るというタフなコース設定なんですね。
先行馬ならこの200mをしのぐ余力、差し馬なら脚色が衰える先行馬を捉えられる脚があるかが勝負の鍵になってきます。

3.差しも結構届く
2番とも絡みますが、最後の200mで時計がかかる事実から、先行馬に余力がない展開になれば差しも十分届きます。

3月の1回中京でも差し・追い込み勢の連対率は他の1200mのコースに比べても目立つ印象。
例えば毎レース上がり上位を記録しながら、毎回届かないキルシュバウムみたいな馬が連対していたりすることからもその傾向が見て取れます。

金曜に発表される芝丈に注意したい


前回の1回中京は3月まだ寒さの残る時期でしたから、洋芝が16cm程度とやや長めに刈り込まれていました。
そのために時計がかかっていたという可能性があります。

今回は夏開催になり、野芝中心になりますので前回よりは時計が出やすくなるでしょうし、洋芝の長さも短くなれば馬場は軽くなりますので以前よりパワーの要素は減るかもしれません。

毎週金曜の正午過ぎにJRAから発表される「馬場情報」に芝丈という項目があります。
ここを事前に確認して芝の長さがあまり長くないようであれば、必要以上にパワー型ばかりを注意する必要はないでしょう。

3月はカレンチャンの父クロフネ産駒やシンボリクリスエス産駒などのパワー型の血統を持つ馬の活躍が多かったですが、芝の状態次第では短距離王サクラバクシンオー産駒の大暴れが見られるかもしれませんね。

競馬王 2012年 07月号 [雑誌]

競馬新聞を買うのは高くてもったいないけど、ネットの馬柱ではデータ不足だと感じませんか。
KLAN.jpは無料なのに競馬新聞並のデータ量の馬柱が使えます。しかも自分好みにカスタマイズまでできるんです。


無骨だけどシンプルデザインで見やすいので僕も毎週お世話になっています。

登録はこちら→無料の競馬予想データベース【KLAN.jp】


自在脚質〜馬券になる脚質と枠番馬番がわかる無料データブログ〜の購読(無料)はRSS購読がオススメです



新中京1200mの傾向分析-CBC賞展望” への2件のコメント

  1. ピンバック: 別館 ア ナ コ ー 【穴】馬を【攻】略するブログ

  2. ピンバック: 激走!データ競馬ブログ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

Trackback URL

管理者の承認後に表示します。無関係な内容や、リンクだけで意見や感想のないものは承認しません。