レパードSで抑えておくべき「展開」と「脚質」

競馬Photo by JaeYong, BAE

2009年から創設された新潟ダート1800mの三歳限定重賞「レパードS」
過去の連対馬からは2頭のG1馬(トランセンド・スーニ)や後に牝馬のダート女王に君臨することとなるミラクルレジェンドを輩出するなど、早くも出世レースとなりつつある「レパードS」ですが、どういった傾向を持つレースなのか、見ていきましょう。


1番人気が3年連続連対中

レパードSでの1番人気の成績
11年1番人気 ボレアス(1着
10年1番人気 ソリタリーキング(3着
09年1番人気 トランセンド(1着


ジャパンダートダービーも終わり、世代の戦力図が見えて来た段階でのレースとなるので、人気馬が実力を発揮しやすいようです。
2番人気も2連対で3番人気も1連対。上位人気陣は安定していますね。

毎年1頭はやや人気薄(去年は単勝108.5倍のタナトスが3着…)が連対しているので、ここをうまく拾いたいところですね。

【勝てる馬が見つかる★KLAN式スピード指数】

中盤でペースが落ちるここ2年のレパードS


新潟競馬場のコース図

新潟競馬場のコース図

presented by keibalab

トランセンドが勝った年こそ厳しい流れになりましたが、ここ2年は中盤で落ち着く流れになっています。
向こう正面で一旦流れが落ち着く傾向があるので、先行馬にとってはここで一度息を入れることができる展開となります。

この流れが後押ししてか直線も先行勢の粘りが利きやすい傾向があり、昨年のタナトスもこうした流れをいかしての粘り込みでした。

ただ、中盤が緩んだここ2年も勝ち馬は直線で差してきた馬。
勝ち馬のミラクルレジェンドもボレアスもともに近走上がり1位で上位人気馬。

末のしっかりした人気馬を軸に先行力のある馬へ流すのがレパードSのセオリー的な買い方と言えるんじゃないでしょうかね。

競馬新聞を買うのは高くてもったいないけど、ネットの馬柱ではデータ不足だと感じませんか。
KLAN.jpは無料なのに競馬新聞並のデータ量の馬柱が使えます。しかも自分好みにカスタマイズまでできるんです。


無骨だけどシンプルデザインで見やすいので僕も毎週お世話になっています。

登録はこちら→無料の競馬予想データベース【KLAN.jp】


自在脚質〜馬券になる脚質と枠番馬番がわかる無料データブログ〜の購読(無料)はRSS購読がオススメです



レパードSで抑えておくべき「展開」と「脚質」” への1件のコメント

  1. ピンバック: 激走!データ競馬ブログ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

Trackback URL

管理者の承認後に表示します。無関係な内容や、リンクだけで意見や感想のないものは承認しません。