オルフェvsマイティ。究極の末脚勝負に期待したい大阪杯

凱旋門賞2012By Yasunari Goto

オルフェーヴル2013年の初戦になる大阪杯。今年は他のメンバーも豪華で、エイシンフラッシュにヴィルシーナ、ショウナンマイティ、ダークシャドウなどいずれも今年のG1争いを演じるであろう馬達が登録してきました。

登録メンバーを見て感じるのは「配当はつかないけど、当たりそう」という印象がある大阪杯。このレースの傾向を踏まえてじっくり展望していきたいと思います。

上がり重視のレースになりやすい大阪杯

過去5年の大阪杯では3コーナー5番手以降の差し馬が3勝。逃げ切ったのはダイワスカーレットが勝った年だけで、基本的には上がり重視の競馬になることが多くなっています。

そのため、狙い馬を絞る時にも上がりを見ることで絞りやすくなります。具体的には近走で上がり3位以内を出していた馬を狙えばOK。
過去の連対馬ではショウナンマイティ、フェデラリスト、ヒルノダムール、ダークシャドウ、テイエムアンコール、ゴールデンダリア、ドリームジャーニー、ディープスカイ、ダイワスカーレットと5年の連対馬10頭中9頭が該当します。

さらに、上がり重視ということでサンデー系の相性もよく、これを組み合わせることでより絞りやすくなると思います。

また、このレースでは前に行って粘りを利かせるノーザンダンサー系も相性がいいのですが、今年は該当しそうな馬がいませんね。
テイエムアンコールは登録してますが、近走は結果が出ていませんしねぇ。

ショウナンマイティはオルフェーヴルに瞬発力で勝てるのか

枠はおろか出走馬も確定していない時点で展開予想をしてもしょうがないんですが、今回は逃げ馬が不在のメンバー。
昨年同様スローの展開になる可能性があると思うんですよね。

ペースが上がる地点がどの辺りかにもよるんですが、瞬発力勝負になる可能性が高そう。
オルフェーヴルは抜群の瞬発力がありますし、ショウナンマイティも斬れに関しては現役でもかなり上位の瞬発力の持ち主だと思います。

大阪杯はショウナンマイティの斬れ味がオルフェーヴルにどれだけ通用するかというレースになるんじゃないでしょうか。
まあオルフェーヴルの場合はスタミナもありますから早めにポジションを押し上げて押し切るレースもできるかもしれませんが、豪快な叩き合いを見てみたい、そんな気もしています。

競馬新聞を買うのは高くてもったいないけど、ネットの馬柱ではデータ不足だと感じませんか。
KLAN.jpは無料なのに競馬新聞並のデータ量の馬柱が使えます。しかも自分好みにカスタマイズまでできるんです。


無骨だけどシンプルデザインで見やすいので僕も毎週お世話になっています。

登録はこちら→無料の競馬予想データベース【KLAN.jp】


自在脚質〜馬券になる脚質と枠番馬番がわかる無料データブログ〜の購読(無料)はRSS購読がオススメです



オルフェvsマイティ。究極の末脚勝負に期待したい大阪杯” への2件のコメント

  1. ピンバック: 激走!データ競馬ブログ

  2. ピンバック: 高確!データ競馬

Trackback URL

管理者の承認後に表示します。無関係な内容や、リンクだけで意見や感想のないものは承認しません。