馬場から見る、皐月賞で注意したい脚質はコレだ!

Horse RaceBy Paolo Camera

今週は皐月賞ですね。今年は牝馬同様クラシック路線は混沌とした状況。皐月賞も有力どころはどれが勝ってもおかしくないくらい抜けた馬がいないという印象です。
こうなると馬場の要素もかなり重要になってきますね。

先週のレースを振り返りながら、今週末の馬場予想をしていきたいと思います。

内が復活した中山競馬場

先週は悪天候で雨の影響があった各競馬場。土曜に雨が降りましたが、それほど降雨量が多くなかったのか、馬場発表は稍重止りでした。
道悪を予想していたので、痛んだ内側がさらにひどい状態になって外差しがもっと決まるかと思っていたんですが、意外にも直線内に進路を取る馬がそこそこ走っていました。

土曜の時点で前の週よりも内に進路を取る馬が増えてきていたので、発表はありませんがJRAが転圧をかけたと考えるのが自然でしょうね。

G1になるとJRAは発表無しで転圧をかけるケースが過去にも何度もありましたので、今週も先週同様内が復活している可能性は十分にあるでしょうね。
極端に内有利になることはないかとは思いますが、内外フラットな馬場くらいはあり得ると思っています。

単騎逃げができそうな馬や短距離戦の先行馬は注目してみたいですね。
皐月賞では内枠先行馬思い切って内を突いた馬(突きそうな馬&騎手)がいたら注目ですね。

内を大きく空ける阪神競馬場

桜花賞が行われた阪神競馬場は直線の痛みが目立つようで、大きく内を空けて走っています。
桜花賞は直線で内を大きく空けて走っている

コーナーではラチ沿いを走っていますから、中山とは異なって先行馬もある程度粘ることができそうですが、やはり経済コースを通れない分、不利なのは間違いないでしょう。

JRAの発表によれば、内回りの3コーナー入り口付近も痛みが出てきているようです。
先行馬が粘り込みやすい内回りも、前に行く馬が不利な条件が出てきているので差しをベースに考える方がいいのではないでしょうか。

雨に見舞われた福島競馬場

先週行われた3場開催の中で最も雨の影響が大きかったのが福島競馬場。開幕週でしたが不良馬場での施行となりました。

開幕週で痛みがない状態だったので基本的には先行馬優位の馬場となりました。特に短距離戦などではロスが少ない分、好走が多くなっている印象です。
ただ、クラスが上がればまくり気味に押し上げてくる馬も増えるので、前に行くだけでは好走できないケースも増えてきます。

今週は予報ではそれほど雨も無さそうです。良馬場になれば内が良い状態がキープされるかもしれませんが痛みやすい福島だけに予想が難しいですね。
下級クラスの短距離戦は先行馬、上級クラスの中距離以上は差し馬が中心の脚質になるんじゃないでしょうか。

競馬新聞を買うのは高くてもったいないけど、ネットの馬柱ではデータ不足だと感じませんか。
KLAN.jpは無料なのに競馬新聞並のデータ量の馬柱が使えます。しかも自分好みにカスタマイズまでできるんです。


無骨だけどシンプルデザインで見やすいので僕も毎週お世話になっています。

登録はこちら→無料の競馬予想データベース【KLAN.jp】


自在脚質〜馬券になる脚質と枠番馬番がわかる無料データブログ〜の購読(無料)はRSS購読がオススメです



馬場から見る、皐月賞で注意したい脚質はコレだ!” への2件のコメント

  1. ピンバック: だいたい来るよー?よく当たる競馬軸馬予想?

  2. ピンバック: 別館 ア ナ コ ー 【穴】馬を【攻】略するブログ

Trackback URL

管理者の承認後に表示します。無関係な内容や、リンクだけで意見や感想のないものは承認しません。