【予想】京王杯スプリングカップはジリっぽさが強みに変わる

HorseBy Moyan_Brenn

今週は土日ともに東京競馬場での重賞開催です。土曜日は安田記念を展望する馬たちの前哨戦、京王杯スプリングカップが行われます。
週末は雨が予想されてますし、唯一のG1馬サダムパテックも香港帰り。スペシャリストが存在する1400mということで難しいレースになりそう。

この京王杯スプリングカップで個人的に期待しているのが差し馬。

コース替わり&先行馬多数

東京は今週からBコースに替り、傷んできた内がカバーされます。これは先行馬にとってはプラスと考えられますが、今回はとにかく先行馬の登録が多いんですよね。ぱっと見、ハナを奪いに行きそうな馬だけでもパドトロワにシルポート、タイキパーシヴァル。さらに番手につけそうなレッドスパーダやテイエムオオタカ。
これらのメンバーが揃っているので前掛かりな展開になるんじゃないかと思うんですよね

ただでさえ息の入りにくい1400m戦なのでさすがに前に行った馬はなかなか厳しそう。
過去の傾向的にも差し馬が活躍していますし、先週の競馬を見ても差しが届いていたところを考えると中心は差し馬だと思っています

さらに、差し馬の場合はマイル寄りの決め手というよりは息の長い脚を使えるタイプが合いそう
血統的には欧州的なバテないスタミナを持ったタイプがイメージしやすいと思っています。

京王杯スプリングカップの予想
人気ブログランキングへ
○レオアクティブ
▲ガルボ
△トウケイヘイロー、レッドスパーダ、サダムパテック

本命は重賞では今一歩なところが多いこの馬→人気ブログランキングへ
スパッと斬れるタイプではなくジリっぽいところがありますが、今回はそれが強みに変わると見ています
近走はマイルで先行していますが、このメンバーではやや控える形で行くと思います。
血統的にもスタミナ色が強く、適性が高そうです。

対抗にはレオアクティブ。1400m向きの決め手を持つ馬で、安田記念出走へ向けて、ここは結果を出したいはず。母父オペラハウスでスタミナの裏付けもあります。差し馬としては本命とこの馬が同じくらいの妙味を感じます。

3番手にガルボ。こちらもジリっぽいタイプ。58キロを背負った前走からマイナス2キロになるのはプラス。1400mも得意なタイプですし、自在性もあるので十分争覇圏内でしょう。

それに前走で速い流れを押し切ったトウケイヘイロー、相手なりに走るレッドスパーダ、実績上位のサダムパテックをおさえにします。

競馬新聞を買うのは高くてもったいないけど、ネットの馬柱ではデータ不足だと感じませんか。
KLAN.jpは無料なのに競馬新聞並のデータ量の馬柱が使えます。しかも自分好みにカスタマイズまでできるんです。


無骨だけどシンプルデザインで見やすいので僕も毎週お世話になっています。

登録はこちら→無料の競馬予想データベース【KLAN.jp】


自在脚質〜馬券になる脚質と枠番馬番がわかる無料データブログ〜の購読(無料)はRSS購読がオススメです



コメントは受け付けていません。

Trackback URL

管理者の承認後に表示します。無関係な内容や、リンクだけで意見や感想のないものは承認しません。