馬場の影響を考慮した函館2歳ステークスの予想

函館
by Vancent Photo

いやー、思い切って「高確率!」なんて言って書いた予想記事が思いっきり外れて笑うしかないボクです。おはようございます。

今日は函館2歳ステークスと中京記念ですね。
まずは函館2歳ステークスの予想からいってみます。

函館2歳ステークスでは馬場状態の変化に注目

今週からBコースに変わった函館競馬場。
痛みのある部分がカバーされて内が良くなるかと思いきや、それほど顕著に内有利の傾向は見られず、内から3〜4頭開けた辺りがよく伸びる部分になっているようです。

これまでは内をぴったり回った馬が勝つ確率が高く、逃げ・先行が圧倒的に優位な馬場状態となっていましたが、函館2歳ステークスでは狙いを少し変える必要があるでしょう。

例年、新馬戦・未勝利戦で逃げて楽勝した馬はそれほど複勝率が高くない傾向にありますし、狙いの中心は好位から差せる馬とします。

函館2歳ステークスの予想印はこちら

本命は期待を込めてファイトバック。
函館2歳ステークスに強い領家厩舎の馬で、新馬戦は内優位な馬場状態の中、差し切り勝ちをするという力のあるところを見せました。
上がりタイムこそそこそこという感じにはなっていますが、詰める余地はあると思い、本命に指名しました。

対抗はオールパーパス。
前走は二番手からの差し切り勝ち。レースを見ると逃げ馬が勝つ展開に思えましたが、追い出されてから鋭く反応。函館2歳ステークスでは前走逃げて勝った馬の複勝率があまり良くないですが、こうした控える競馬をして勝ったのは価値があります。上がりも優秀ですしね。

3番手にレコード勝ちのクリスマス。
控えての競馬ができるかどうかが鍵になりそうですが、仕上がりの早さという点ではやはり抜けており、外すわけにはいかないかなという印象。

以下、スピードの違いを見せたビービーブレインと新馬戦で差し返す根性を見せたマイネルフォルスを抑えにします。

競馬新聞を買うのは高くてもったいないけど、ネットの馬柱ではデータ不足だと感じませんか。
KLAN.jpは無料なのに競馬新聞並のデータ量の馬柱が使えます。しかも自分好みにカスタマイズまでできるんです。


無骨だけどシンプルデザインで見やすいので僕も毎週お世話になっています。

登録はこちら→無料の競馬予想データベース【KLAN.jp】


自在脚質〜馬券になる脚質と枠番馬番がわかる無料データブログ〜の購読(無料)はRSS購読がオススメです



コメントは受け付けていません。

Trackback URL

管理者の承認後に表示します。無関係な内容や、リンクだけで意見や感想のないものは承認しません。