【予想】馬場と展開から予想する札幌記念で浮上が期待できる穴馬と本命馬は

DSC01930
by yukishana

今日は札幌記念。函館ロングラン開催となり、函館のCコースは17年ぶりなんだとか。

土曜の馬場傾向を含めて札幌記念の予想をしていきます。


函館は内外フラットな状態


土曜日の函館競馬場のレースを見ていると、内外での有利不利はあまりなくほぼフラットな状態
内外の差よりもペースがどうなるかが浮上する脚質を左右しているような馬場状態に感じました。

札幌記念では逃げて成績を残しているトウケイヘイローに逃げ専門のネコパンチがどう出るかが展開をわけそう。
2000mという距離もあって、さすがに日経賞のような展開を望むのは厳しいでしょう。
かといってスローに落とす展開も考えにくいので平均程度には流れるんじゃないでしょうか。

そうなればどの馬にもチャンスが生まれるので難しいですが、逆に言えばトウケイヘイローも力を出しやすいだろうなとは思います。

札幌記念で浮上する穴馬とは


札幌記念で期待できる人気薄の穴馬のイメージとしては昨年のフミノイマージン。
後ろからマクリ気味に上がっていけるタフなタイプが想像しやすいですね。

今年のメンバーでそれに該当するのはレインボーダリア。

函館記念は追い込んで6着。
当時の馬場は内目を通らないと勝負にならないような馬場で、後ろから行くレインボーダリアには明らかに向かない馬場。
それを外目から追い込んでの6着は価値がありそう。

実力のある有力馬が仕上げきっていない今だからこそつけ入るスキがあるのが札幌記念。
穴馬としてはレインボーダリアを推します。

札幌記念の本命馬はロゴタイプ


札幌記念の予想印はこちらです→札幌記念の印

なかなか迷いましたが、札幌記念の本命にはロゴタイプを指名します。
洋芝の実績は4戦1勝とそれほどでもありませんが、切れをウリにするタイプではありませんし、4戦は2歳時の実績。
先行して脚を伸ばす競馬ができるだけにやはり安定していると思います。

対抗には洋芝適性が高いルルーシュ。
この馬も切れ負けするタイプで瞬発力勝負になると分が悪いですが、持久力やパワーを問われる展開になれば力を出せそう。
この馬が相手。

3番手には2連勝中のトウケイヘイロー。
展開面では有利になる可能性があるも、相手が大幅強化になる今回はやはり強気に狙うのは難しいです。
この馬が逃げ切りを図るところをロゴタイプとルルーシュが迫る!という展開を期待してます。

以下、タッチミーノット、トーセンジョーダン、レインボーダリア、アイムユアーズを相手に押さえます。

競馬新聞を買うのは高くてもったいないけど、ネットの馬柱ではデータ不足だと感じませんか。
KLAN.jpは無料なのに競馬新聞並のデータ量の馬柱が使えます。しかも自分好みにカスタマイズまでできるんです。


無骨だけどシンプルデザインで見やすいので僕も毎週お世話になっています。

登録はこちら→無料の競馬予想データベース【KLAN.jp】


自在脚質〜馬券になる脚質と枠番馬番がわかる無料データブログ〜の購読(無料)はRSS購読がオススメです



コメントは受け付けていません。

Trackback URL

管理者の承認後に表示します。無関係な内容や、リンクだけで意見や感想のないものは承認しません。