紅梅Sが牝馬クラシックの結果に結びつかないたった1つの理由

3歳の牝馬路線も活性化してきたこのごろ。
今週は京都で紅梅Sが行われます。



かつては、スイープトウショウや
ダイワエルシエーロ、ローブデコルテなどのクラシック活躍馬を輩出したレースですが、近年は久しくクラシックでの活躍馬が出ていないレースになってしまいました。しかし、過去5年で6番人気以下の馬が7連対とまずまずの穴が出ているレースですから見逃せません。紅梅Sの傾向を見ていきましょう。

この時期の牝馬戦らしい流れ?で先行優位に

仮にもこの時期の牝馬OP戦に挑戦する馬たちですから、クラシックを意識しているのは当然。と、なれば当然折り合いを意識せざるを得ず、あまり気持ちよく行かせすぎたくないという気持ちが働くのでしょう。近年はあまり厳しい流れにならない傾向。

外回りのレースで直線が長いですが、緩い流れですから下り坂の影響もあって先行が残ってばかり。
その中でも特徴的なのが、ダート寄りの適性の馬が強いこと。
昨年6番人気2着のシナル、14番人気3着のウッドシップ、2010年7番人気2着のアイアムルビーは前走ダート戦。その他に穴を開けた馬もダート戦で強い種牡馬の産駒などが目立ちます。
これだけダート色が強ければクラシックで活躍馬が出てこないのも納得というもの。

登録馬に目をやりますと、今年はダート戦経験馬が1頭(アンリヴィールド)だけなんですよね。血統的にもコテコテすぎる気がするので、狙うならあくまでも芝を走れるダート寄りの馬を狙っていくことになるでしょうね。サウンドオブハートは上位としても、エイシンキンチェムあたりは積極的に買っていきたいところです。

穴が狙えるよ!と言いながら上位人気になりそうなところを指名してるのはご愛嬌ってことでお願いします。。

便利な血統データ盛りだくさん!血統フェスティバル血統見るなら血統フェスティバル
コース別の種牡馬成績や重賞の血統一覧、過去の連対血統などを網羅!

クリックが励みになります。
人気ブログランキングへ


競馬新聞を買うのは高くてもったいないけど、ネットの馬柱ではデータ不足だと感じませんか。
KLAN.jpは無料なのに競馬新聞並のデータ量の馬柱が使えます。しかも自分好みにカスタマイズまでできるんです。


無骨だけどシンプルデザインで見やすいので僕も毎週お世話になっています。

登録はこちら→無料の競馬予想データベース【KLAN.jp】


自在脚質〜馬券になる脚質と枠番馬番がわかる無料データブログ〜の購読(無料)はRSS購読がオススメです



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

Trackback URL

管理者の承認後に表示します。無関係な内容や、リンクだけで意見や感想のないものは承認しません。