先週の中山と京都の結果から特注コースを探ってみる

先週の中山と京都での傾向を見ていきます。
穴が見られたコースでは穴馬の特徴もピックアップします。

1回中山4日目、5日目の傾向


中山は冬枯れの芝が目立ち、開催も進んできたことから少しずつ外差しが決まり始めている印象。
ただ、先週のレースでは
目立った穴コースは出現しませんでした。

1回中山4日目、5日目の連対馬番と脚質の一覧

1回中山4日目、5日目の連対馬番と脚質の一覧


芝コースでは内ラチ沿いを逃げ馬は通りますが、あまり残れておらず内から4〜5頭開けたあたりを差してくるシーンが目立ちました。連対馬の脚質を見ても差しがかなり優勢となっています。
穴がなかなか出ず、脚質も差しが人気になっていることを考えると、芝コースでは騎手が意図的にペースを落とすことがない限りは先週のような傾向が出やすいんじゃないでしょうか。まあ、仮にペースを落としても先行馬は残れないような気がしますが。

相変わらず内が伸び続ける京都

1回京都4日目、5日目の連対馬番と脚質の一覧

1回京都4日目、5日目の連対馬番と脚質の一覧


現在の京都競馬場は内枠がレースを制す状態。また、内が止まらないので外枠でも逃げられれば高い連対率があります。
特に京都芝マイルでは全てのレースで逃げ馬が2着以内を確保。この傾向は来週も続くでしょう。
傾向的にはもう明らかになっているでしょうから、来週はハイペースになるようなケースに注意が必要かもしれません。

■ 一攫千金レース
京都芝マイルの内枠先行馬と逃げ馬

競馬新聞を買うのは高くてもったいないけど、ネットの馬柱ではデータ不足だと感じませんか。
KLAN.jpは無料なのに競馬新聞並のデータ量の馬柱が使えます。しかも自分好みにカスタマイズまでできるんです。


無骨だけどシンプルデザインで見やすいので僕も毎週お世話になっています。

登録はこちら→無料の競馬予想データベース【KLAN.jp】


自在脚質〜馬券になる脚質と枠番馬番がわかる無料データブログ〜の購読(無料)はRSS購読がオススメです



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

Trackback URL

管理者の承認後に表示します。無関係な内容や、リンクだけで意見や感想のないものは承認しません。