フェブラリーSで連対する馬は2、3歳時にあるレースに出走する

今年の中央初GIのフェブラリーS。新旧王者対決が見物です。
さて、傾向を見ていきましょう。

外目の枠で先頭を見ながらレースが出来る馬

基本的には直線一気が決まりにくいレース。と、言うのもこのクラスでは先行馬も最後までタレずに踏ん張る力があることと、日本のダート戦ではそもそも瞬発力に長けたタイプはほとんど存在しないため。
上位を争うのは安定した力を発揮しやすい先頭を見ながらレースを進めることができる馬になります。
また、直線もバラけにくいですから、前が塞がりにくい外目がベターと言えそうです。

過去のフェブラリーSの連対馬番と脚質の一覧

過去のフェブラリーSの連対馬番と脚質の一覧



血統面ではアメリカ血統が好走

昨年のトランセンド(父ワイルドラッシュ)を始め、10年2着テスタマッタ(父Tapit)、09年2着カジノドライヴ(父Mineshaft)など、米国寄りの血統が好走しています。
瞬発力を競うレースではないので、浮上するんでしょう。

東京ダート1600mの種牡馬リーディング

東京ダート1600mの種牡馬リーディング



芝馬はダメ

近年は芝で実績のある馬の参戦が目立ちます(11年ライブコンサート、コスモファントム、10年ローレルゲレイロ、リーチザクラウン、レッドスパーダなど)が、一線級が存在する今のダート路線では通用しません
ただ、本質的にダート馬ながら芝適性もあるという馬については買い材料と言えます。

例:
●バーディバーディ⇒スプリングS、皐月賞挑戦
●サクセスブロッケン⇒ダービー挑戦
●カネヒキリ⇒条件戦、毎日杯挑戦


フェブラリーSの狙いまとめ

■ 外枠の差し、先行馬
アメリカ血統を持つ馬
■ 本質的にダート馬ながら芝適性も併せ持つ馬

便利な血統データ盛りだくさん!血統フェスティバル血統見るなら血統フェスティバル
コース別の種牡馬成績や重賞の血統一覧、過去の連対血統などを網羅!

もっと勝ち馬を導くデータが欲しいなら

人気ブログランキングへ
人気競馬ブログは

にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村

競馬ブログ・ランキング
競馬予想のウマニティ



競馬新聞を買うのは高くてもったいないけど、ネットの馬柱ではデータ不足だと感じませんか。
KLAN.jpは無料なのに競馬新聞並のデータ量の馬柱が使えます。しかも自分好みにカスタマイズまでできるんです。


無骨だけどシンプルデザインで見やすいので僕も毎週お世話になっています。

登録はこちら→無料の競馬予想データベース【KLAN.jp】


自在脚質〜馬券になる脚質と枠番馬番がわかる無料データブログ〜の購読(無料)はRSS購読がオススメです



フェブラリーSで連対する馬は2、3歳時にあるレースに出走する” への3件のコメント

  1. ピンバック: 激走!データ競馬ブログ

  2. ピンバック: 追い切り重視の競馬予想

  3. ピンバック: 血統適性blog

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

Trackback URL

管理者の承認後に表示します。無関係な内容や、リンクだけで意見や感想のないものは承認しません。