穴場券をとるための先週の各場傾向分析

今週の馬券予想に活かすために先週の各コースの馬場状況と穴の傾向を馬番と脚質から見ていきたいと思います。
まず東京から。

東京競馬場

芝コースの最内は冬枯れのような色合いの芝になっていますが、バンバン伸びます。というか、外を回すと伸びません

1回東京5日目、6日目の連対馬番と脚質

1回東京5日目、6日目の連対馬番と脚質


連対馬番を見ても内枠が多いです。差し馬は内をうまく割ってレースが出来るような器用さが必要です。

京都競馬場

2開催目の後半ということで流石に馬場が痛んできているようで、直線では内がぽっかり開くようなシーンが目立ちます。
最内は伸びない状態ですが、大外を回すとロスが大きいので、バンバン追い込みが決まるという感じでもないと思います。
ただ、先行馬の特権である良いところを通れるというメリットも薄くなってきているので、差しが中心であるという認識で良いんじゃないでしょうか。

2回京都5日目、6日目の連対馬番と脚質の一覧

2回京都5日目、6日目の連対馬番と脚質の一覧


馬番で見ると立ち回りやすい外枠がやや優勢。

小倉競馬場

最終日となった小倉競馬場。内ラチ沿いは芝の色が薄くなっており、馬場の痛みを感じますが直線では内を開けるというシーンはあまり見られません。しかし、実際上位争いは外目を通った馬が多いので、影響を与えていると感じます。

1回小倉9日目、10日目の連対馬番と脚質の一覧

1回小倉9日目、10日目の連対馬番と脚質の一覧



競馬新聞を買うのは高くてもったいないけど、ネットの馬柱ではデータ不足だと感じませんか。
KLAN.jpは無料なのに競馬新聞並のデータ量の馬柱が使えます。しかも自分好みにカスタマイズまでできるんです。


無骨だけどシンプルデザインで見やすいので僕も毎週お世話になっています。

登録はこちら→無料の競馬予想データベース【KLAN.jp】


自在脚質〜馬券になる脚質と枠番馬番がわかる無料データブログ〜の購読(無料)はRSS購読がオススメです



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

Trackback URL

管理者の承認後に表示します。無関係な内容や、リンクだけで意見や感想のないものは承認しません。