京王杯SCで追い込みが届かない理由

今週土曜は安田記念へのステップレース京王杯SCが行われます。
まあまあ荒れるレースで、翌日にGIを控えていますので馬場にも傾向が出やすいレースになっています。

[ad]

東京芝1400mは先行が有利なコース

東京の芝1400mはハイラップになりやすい他の競馬場での同距離と異なり、スタート後の上り坂の影響から平均もしくはスローになりやすいコースです。

実際に阪神競馬場の同距離レース阪神カップとのラップを比べてみましょう。

阪神C
2011年 34.0-35.1=1:20.5
2010年 34.6-34.5=1:20.3
2009年 33.7-35.3=1:20.4
2008年 34.2-35.8=1:21.6
2007年 34.4-34.6=1:20.6

京王杯SC
2011年 35.0-33.8=1:20.2
2010年 34.6-33.9=1:19.8
2009年 35.1-34.2=1:20.6
2008年 34.7-34.6=1:20.8
2007年 34.1-34.7=1:20.0
※テン34.5以下を赤字で表記

阪神Cが過去5年の内4回がテンの3Fが34.5秒以下なのに対し京王杯SCでは1回だけ。

このことから、先行馬〜前目の差し馬の残りやすい状況が浮き彫りになります。

翌日はGIだから馬場は内が止まらない状況

さらに翌日はヴィクトリアマイルが行われる影響から、馬場は内が止まらない状態になりやすく、外を回すとまず届きません。


実際に過去5年の連対馬番と脚質を見てみましょう。
京王杯SC過去5年の連対馬番と脚質

京王杯SC過去5年の連対馬番と脚質


追い込み馬(3コーナー10番手以下)に位置取りしていた馬は3着が精一杯で、勝ち切れていません。

実際、現役馬で1400mのレースで一番強いかもしれないサンカルロも、去年このレース追い込みの競馬で惨敗。
基本の狙いは前目でレースが出来る馬となりそうです。
サン・カルロの対決 (集英社文庫)

競馬新聞を買うのは高くてもったいないけど、ネットの馬柱ではデータ不足だと感じませんか。
KLAN.jpは無料なのに競馬新聞並のデータ量の馬柱が使えます。しかも自分好みにカスタマイズまでできるんです。


無骨だけどシンプルデザインで見やすいので僕も毎週お世話になっています。

登録はこちら→無料の競馬予想データベース【KLAN.jp】


自在脚質〜馬券になる脚質と枠番馬番がわかる無料データブログ〜の購読(無料)はRSS購読がオススメです



京王杯SCで追い込みが届かない理由” への3件のコメント

  1. ピンバック: 稀に的中?3代血統で重賞予想

  2. ピンバック: 激走!データ競馬ブログ

  3. ピンバック: 追い切り重視の競馬予想

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

Trackback URL

管理者の承認後に表示します。無関係な内容や、リンクだけで意見や感想のないものは承認しません。