ユニコーンSで気を付けるべき人気馬とは

Success Brocken
Success Brocken / kanegen


先週の目黒記念に引き続き、6/3(日)は最終レースが重賞ユニコーンSです。

この時期の3歳ダート路線ってまだまだOP競走も少ない上に芝からダートに転向してきた馬なんかもいて目移りしてしまうんですけど、このレースは人気馬が順当なんですよね。

今回は買える人気馬と買えない人気馬の目星づけの参考になればうれしいです。

連対馬のほとんどは距離短縮馬

このレースで連対している馬を見るとほとんどが距離短縮(または同距離からの転戦)馬ばかり。
中心となるのは1800mのOP戦を好走してきた馬たちになることが多くなっています。

距離延長から連対したのはこの2頭。

2011年 1着 アイアムアクトレス(前走:昇竜S D1400m 1着)
2008年 2着 シルクビックタイム(前走:ファルコンS 芝1200m 7着)

距離延長で連対した2頭には一つ共通点があって、それは近走で芝のレースを経験していること。
アイアムアクトレスは2走前はフィリーズレビューを走っていましたし、シルクビックタイムは前走がファルコンS。

東京の砂質は軽いですから、芝のレースにも色気を出すくらいのスピードがある馬は距離延長でも対応ができるということなのかもしれません。
今年登録しているレッドクラウディアはアイアムアクトレスと同じローテーションですし、父も同じアグネスタキオン。延長と言っても軽視は出来ないかもしれません。

勝ち馬は先行経験が必要

直線の長い東京コースとはいえ、上述のように砂質が軽いため、先行馬が残れるコース。
歴代のユニコーンS勝ち馬を見ても過去5年ではすべての馬に先行経験がありました。

2,3着馬には差し一辺倒の馬もいるのですが、勝ち馬に限れば先行経験がないと厳しいというのが過去の傾向です。

今年は人気になりそうなオースミイチバンは問題なく先行できる馬だと思いますので、逆らえないかなあ。
それにレッドクラウディアと伏竜S2着のキングブレイクあたりを買ってれば当たりそう。面白くないですけど。
元々人気馬が結果を残しやすいレースですから逆らおうとする方が間違いかもしれませんね。
服部

競馬新聞を買うのは高くてもったいないけど、ネットの馬柱ではデータ不足だと感じませんか。
KLAN.jpは無料なのに競馬新聞並のデータ量の馬柱が使えます。しかも自分好みにカスタマイズまでできるんです。


無骨だけどシンプルデザインで見やすいので僕も毎週お世話になっています。

登録はこちら→無料の競馬予想データベース【KLAN.jp】


自在脚質〜馬券になる脚質と枠番馬番がわかる無料データブログ〜の購読(無料)はRSS購読がオススメです



ユニコーンSで気を付けるべき人気馬とは” への2件のコメント

  1. ピンバック: 追い切り重視の競馬予想

  2. ピンバック: 激走!データ競馬ブログ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

Trackback URL

管理者の承認後に表示します。無関係な内容や、リンクだけで意見や感想のないものは承認しません。